モナド論 - 趣味で学問

モナド論

モナド論で有名なライプニッツはイギリスのジョン・ロックとほぼ同時期に活躍した人です。天才数学者として有名なライプニッツですが、哲学者でありそして政治家でもありました。しかし政治家としては大きな挫折を味わったようです。そしてその挫折は見果てぬ夢としてモナド論へと結実することになります。

1.自然科学勃興の時代

ライプニッツの時代、顕微鏡がすでに一般的に用いられていたようで、微細な差異への関心は、時代の趨勢でもありました。対象を細かく分けていって調べること、このこと自体が自然科学の基盤です。現代ではあらゆる自然科学分野で批判が巻き起こっている方法ですが、この批判はもっともであるとともに、彼らの時代から受け継がれたこの方法にとって代わるものは、いまだ見つかっていません。

ライプニッツの思想で重要になってくるのは個体や個物です。ライプニッツも顕微鏡での観察を行っており、天才と呼ばれる彼においても、その思想は時代の趨勢と無関係ではなかったでしょう。しかし、ライプニッツの思想は一般的な自然科学とは、違う方向に向かっているようにも感じられます。

2.個体

ライプニッツの思考の基本的な原理は、「不可識別者同一の原理」と呼ばれるもののようです。簡単に言えば、相異なるものは区別できて区別できないものは同じものだ、という考えです。この原理を用いてライプニッツが主張したいのは、存在するものはすべて識別可能なそれぞれの個体である、ということです。

ここに肉眼では見分けがつかない二枚の葉があるとします。しかしどれほどそっくりな二枚の葉であっても、顕微鏡で覗いてみれば、それぞれに異なる細胞のかたまりであり、二枚の葉のどこをとってみても、内部の形態全体が一致するものはありません。子細に観察してみれば、すべての個物はそれぞれに特有な「襞」をもち、他のすべての個体と区別できることになります。

3.モナド

3.1 個物

我々のまわりの世界はそれぞれに異なる個物からなっていますが、個物が個物であるって、どういうことでしょう。なにをいってるの?と思われるかもしれませんが、そのことは自明というわけではありません。ライプニッツは個物が区別されるためには、その個物を他から区別された個物たらしめる属性のすべてが、個物の中に存在しないといけない、他の存在者からの差異そのものが個物に内在していないといけない、と結論づけました。差異は複数の間で成り立つことがらに思われるのですが、そう言われればそんな気もしてきます。このことについてはこれ以上考えようがないのですが、いわゆる「モナド」は、こういった差異そのものを内に含む個物、という概念から出てきたと考えられています。

3.2 モナド

「モナド」とは「複合的なものをつくっている、単一な実体 substance simple」のことです。「単子」と訳されることもあります。これは相互に識別可能であり、それ自体の中に区別を有するものです。さらにライプニッツは、モナドはそれ自身に世界全体が凝縮されて、世界そのものを表出(expression)していると考えています。「モナドは窓をもたない」という表現が有名です。モナドは窓をもたないので外部から直接情報が入ってくるわけではないですが、だからといって世界から隔絶されているのではなく、世界を表出することで閉域でありながら世界とかかわっています。

以上のようなモナドの在り様は、容易に納得できるようなものではありません。ところでオートポイエーシス論やゲシュタルト・クライスにおいて、モナドの生物学的な解釈がなされています。ここでは臨床精神科医である木村敏の解釈を紹介しておきます。

オートポイエーシス・システムは閉鎖系だと言われていて、生命システムや社会システムが入力も出力ももたないというのは不思議な感じがします。しかしこれは「閉鎖」と「開放」を対立する二つのカテゴリーとみなしたことから来る、疑似的な問題と思われます。オートポイエーシス論では、生命は自らの境界を絶えず生み出し続けることで個体として区別されています。モナドそれ自体が境界を生み出し続ける、もっと言えば境界そのものであるならば、わざわざ内部と外部を透視する窓など持つ必要はないでしょう。

3.3 微分方程式

ニュートンとライプニッツの間での微分のプライオリティ争いが有名です。ほぼ同時期に二人は微分の考え方を導入したのですが、微分の導出にあたって二人の間には元になる思想に相違があったのではないかと考えられています。ライプニッツの微分記号はd/dtの形式で、これは微分方程式で使われる表記です。微分方程式を解くというのは、瞬間の関係式から、その関係を満たす関数(全体の関係)を見つけ出すことです。その瞬間が全体を表出していると考えて初めて、その瞬間から逆に全体を導き出すことができる、という考え方が出てくるのではないかと思われます。

4.見果てぬ夢としてのモナド論

1000年に一人の天才とも呼ばれるライプニッツですから、その思想は多岐に渡っており、簡略化したとしても紹介しきれるものではありません。ライプニッツの残した有名な表現には他にも「襞」、「予定調和」などがあり、またニュートンの絶対時間と絶対空間を否定してクラーク(ニュートンの代理)とやり取りをしたことも有名です。しかし天才と名高いライプニッツも、政治家としては大きな挫折を味わうことになります。ライプニッツは三十年戦争の最中に産まれ、政治家としてプロテスタントとカトリックの調停に奔走しましたが、30年にわたる教会統一運動は失敗に終わることになりました。

二枚の葉の顕微鏡観察の話に戻ると、二枚の葉の同じと見える箇所も、異なる形状の細胞が集まって同じに見えているのでした。ということは個々の細胞はそれぞれ異なっているのに、全体としては見分けのつかない調和された統一体であるといえます。このことと照らし合わせてみると、個々人はプロテスタントであろうがカトリックであろうが、神による最善で調和された一つの世界が成り立つ、と考えられるはずです。現実世界では調和は成立しなかったのですが、彼の見果てぬ夢はモナド論として結実することになります。

  • 参照文献1:熊野純彦『西洋哲学史 近代から現代へ』(岩波書店)
  • 参照文献2:木村敏『からだ・こころ・生命』(講談社学術文庫)

<< イギリス経験論の展開 人間理性の限界 >>

ホーム » 哲学 » 近代 » モナド論

むつきさっち

物理と数学が苦手な工学博士。 機械翻訳で博士を取ったので一応人工知能研究者。研究過程で蒐集した知識をまとめていきます。紹介するのはたぶんほとんど文系分野。 でも物理と数学も入門を書く予定。いつの日か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA