同一性と差異

ヘーゲルには、近代形而上学の完成者という側面とは相容れない一面があるようです。一般的なヘーゲル像とは異なる側面を、熊野純彦の記述を引用させてもらって、ちょっとだけ紹介しようと思います。 1.ヘーゲルにおける同一性と差異 […]

Read more 同一性と差異

近代形而上学の完成

シェリングやヘーゲルに代表される哲学が「ドイツ観念論」と呼ばれています。ドイツ観念論はかなり難解な思弁で織り上げられているのですが、このページでは古代ギリシア時代から続く形而上学の完成という視点で、ヘーゲルに焦点をあてて […]

Read more 近代形而上学の完成

自己を認識する自己

カントの認識論に対し、それまでの知覚と認識の議論を整合的に体系化するという方向性で発展させていく、という道もあったはずです。しかし後世にドイツ観念論と呼ばれるカントの後継者たちは、対象の認識ではなく対象の認識をする自己を […]

Read more 自己を認識する自己

人間理性の限界

デカルトからヒュームまでの近代哲学をまとめて、ひとまずその終着点を与えたのがカントです。デカルトからイギリス経験論までの流れを、カントがどのように引き受けたかを見てみるのが、彼の思想を知るための足掛かりになってくれるでし […]

Read more 人間理性の限界

モナド論

モナド論で有名なライプニッツはイギリスのジョン・ロックとほぼ同時期に活躍した人です。天才数学者として有名なライプニッツですが、哲学者でありそして政治家でもありました。しかし政治家としては大きな挫折を味わったようです。そし […]

Read more モナド論

Older posts