動物行動の分類

1.動物行動とは 当たり前のように使われる「行動」という言葉ですが、実際には結構曖昧な使われ方をしています。とりあえず動物行動は「ある一定の法則性の当てはまる身体動作の連鎖」であるといえます。たとえば「捕食行動」なら、見 […]

Read more 動物行動の分類

動物行動学に必要になるもの

これから動物行動学の入門ページを書いていくことにします。かつてはアルフレッド・ケーラーやコンラート・ローレンツらでそこそこ有名でもあった「動物行動学」ですが、一般的な関心にだけでなく生物学分野でも顧みられることは少なくな […]

Read more 動物行動学に必要になるもの

子供の言葉と周りにある「意味」

アフォーダンス概念を用いて子どもの言葉の獲得の場を考えることができそうです。このページでは佐々木正人の児童心理学的考察をもとにして、子供がどのように言葉を獲得しているか、考察してみることにします。 1.子供の周りに配置さ […]

Read more 子供の言葉と周りにある「意味」

環境と接することとしてあるこころ

動物は「ブルート・ファクツ(ありのままの運動)」と呼ばれるオリジナルな運動を持っています。生得的ともいえるそのような運動が環境との接触により変化し、我々の目には、環境適応的な運動として見えています。環境適応的といっても、 […]

Read more 環境と接することとしてあるこころ

動物が自ら作り出す意味

動物にはブルート・ファクツ(ありのままの動作)と呼ばれる、生得的に可能な動作のプールがあります。彼らは環境との関わり合いの中で、さまざまに変化したブルート・ファクツにより、環境と一体となった適応的な行動を見せています。そ […]

Read more 動物が自ら作り出す意味

Older posts