本能行動と欲求行動(オートポイエーシス論)

動物行動学の詳細は「動物行動学入門」ページ(22/06/23時点で未作成)にまかせるとして、動物行動学において重要な区分である「本能行動」と「欲求行動」についてオートポイエーシス論で記述できるか、検討することにします。 […]

Read more 本能行動と欲求行動(オートポイエーシス論)

ルーマンの縮減概念

山下和也がオートポイエーシス論に導入していない概念にルーマンの「縮減」があります。山下はオートポイエーシス論には特にこの概念は必要ではないと考えたようです。しかしこの概念は多様な内部状態を前提にする概念であり、多様な生成 […]

Read more ルーマンの縮減概念

オートポイエーシス論によるゲシュタルト知覚

動物行動が神経系により引き起こされていることに疑いはありません。反射や単一の本能行動なら神経系と身体の協働で説明可能ですが、本能行動の連接においては表象や認識(ゲシュタルト知覚)の行動への介入を前提にしないと、説明が著し […]

Read more オートポイエーシス論によるゲシュタルト知覚

動物行動(オートポイエーシス論)

オートポイエーシス論で記述されていない概念の一つに、動物行動があります。動物行動の詳細は動物行動学のページ(21/09/21時点で未作成)に譲るのですが、動物行動をひとまず「ある特性を伴う身体動作の連鎖」のこととします。 […]

Read more 動物行動(オートポイエーシス論)

意識システムの模式図

1.模式図化 図式化すると対象を理解しやすくなるだけでなく、思考枠組みの問題点も浮かび上がらせてくれます。オートポイエーシス論における意識システムを図式化して、現時点での記述の問題点を示してみようと思います。 2.意識シ […]

Read more 意識システムの模式図

Older posts